イマドキ信用情報調査!

情報社会の信用情報調査

買ってよかった通販の子供服の福袋

子供服の通販で4歳の娘用にサイズ100センチの福袋を購入しました。妊娠中にマタニティー用の下着やパジャマを注文してからカタログが届くようになった通販です。通販のカタログで子供服の福袋をみたときから気にはなっていたのですが、まずは試しに下着やTシャツを買ってみました。


価格のわりにはしっかりしていて、子供服を選ぶときの重要なポイントである洗濯しても伸びない生地であるということをクリアしていました。通販のカタログで子供服を見ていても全体的に私の好みのデザインが多かったことから、注文してみることにしたのです。注文をしてから商品が手元に届くまで、そして届いた袋をあけるとき本当にわくわくしました。失敗をするリスクがあるにもかかわらず福袋を買ってしまうのは、このわくわくする気持ちを味わいたいというのも理由の一つにあります。さて、福袋をあけて洋服を取り出してみたところ6枚入っており、そのまま使えそうなのが4枚、重ね着用にしたり、組み合わせ次第で可愛く着こなせそうなトップスが1枚、そのままではとても使えそうにないパンツが1枚入っていました。


隣で一緒に見ていた娘に試着させてみると、使えそうにないように思えたパンツのリメイクを思いつきました。1枚あたりの金額と福袋の内容を考えると、お得な買物をしたと満足しました。大人の服は失敗すると使わない事が多いので福袋を買うことはありません。必ず試着して気に入ったものを買うようにしています。今回、子供服で福袋を買ったのには理由が2つあります。1つはいつも同じようなデザイン、テイストを選ぶので子供の洋服がいつもワンパターンになっています。自分が選ばないようなデザインや色で新鮮な子供の姿を見てみたいという思いがありました。そしてもう1つは趣味のミシンを使ったハンドメイドが上達してきたので、リメイクして楽しんでみたいと考えたからです。福袋に入っていた洋服を着せて友達と遊んだ時に、ママ友からいつもと子供の服の雰囲気が違う感じがする、と言われて内心嬉しかったです。また長ズボンの裾を短く切り、レースをつけて世界に1枚の洋服ができあがりました。このことをきっかけに最近では古着屋やフリーマーケットで大人の洋服を安く買って、子供服にリメイクすることをはじめました。材料が安く手に入り、そして個性的な作品ができてママ友にもなかなか評判がいいです。

Written by admin

3月 2nd, 2013 at 4:43 am

Posted in