イマドキ信用情報調査!

情報社会の信用情報調査

信用情報調査はローンやクレジットと密接な関係

信用情報調査というのはローンやクレジットカードなどに申し込むときに、以前の利用情報を確認する手段です。信用情報機関が複数ありますので、各金融機関で情報を登録・閲覧しています。銀行や信販系、消費者金融など様々な企業でも利用していますので、お金にまつわる情報がかなり掲載されていると考えて良いでしょう。情報の内容は、ローンなどを利用するために申し込みをしたことや審査の可否、延滞履歴や債務整理、完済の有無など多岐に渡っています。公共料金や携帯電話本体の支払い状況まで掲載している信用情報がありますので、計画的な利用をしていないと審査に影響することもあります。信頼に対して融資を行うため、確実な返済が出来る方なのかという信用情報調査は欠かせないプロセスだと認識されています。本人確認が出来れば、ご自分の情報を確認することも出来ます。

信用情報調査に依頼で身元を明かそう

この人のこと心から信用して大丈夫だろうかと不安になる時があります。出身地や両親のことなど聞きたいことはあるけれども、デリケートな事ばかりで直接聞くのは失礼になります。本人に直接聞くよりも信用情報調査に依頼をして当人について調べてもらうほうが、かなり正確な情報を得ることができます。出身地や両親だけではなく、友人や出身校にその人の評判など全て調べ上げることができます。信用情報調査に依頼をするときに、ばれてしまうのではと心配する方もいらっしゃいますが、注意を払って調査をするのでばれることなく任務を遂行することができます。信用情報調査を利用して子供の結婚相手や就職する予定の人物などを調べてもらうことができます。調査結果によって安心できると、心から喜んで、その人のことを迎えてあげることができそうです。

金融機関などが行う信用情報調査

クレジットカードを作るときや、住宅ローンなどを組むときには、信用情報調査が行われます。個人信用情報には、氏名、生年月日の他、性別や住所、電話番号、勤務先といった個人情報と、ローンなどの借り入れ金額をはじめとする契約・返済状況が記載されています。そして返済状況には、滞納や強制回収手続きがあったかどうか、解約、完済などの情報も合わせて記録されています。これらの個人信用情報を管理する団体は3つ存在します。この3つの信用情報機関では、遅延情報や本人申告情報などの情報を共有していて、貸し過ぎや借り過ぎを未然に防止しています。また、貸金業者や金融機関などで申し込みが入ったときには、申し込んだ本人の収入や職種などから、お金を返済できるかどうかを審査するために信用情報調査を行います。これらの調査を通じて、申込者の借り入れの履歴やその時点での利用状況を把握することで、確実に返済できる人かどうかを見極めています。

Written by admin

3月 2nd, 2016 at 5:24 pm

Posted in